価格を知る

外壁の塗装で知っておきたい単価の一覧

塗料を塗るだけが外壁塗装業者の仕事ではなく、そこに至るまでに様々な作業を置こうなう必要があります。足場を組んだり、高圧洗浄をしたり、下地処理を行う必要があります。これらのトータルした価格が外壁塗装の料金であり、その料金の内訳を知るためにも、各作業の単価の一覧を知っておくのが理想です。 例えば足場は平米単価で600円から800円ほどとなります。2階建てよりも3階建ての方が料金が高くなるため注意が必要です。また高圧洗浄費は平米単価で200円ほど、養生作業は300円前後が相場です。 平米単価で最もお金が掛かるのが下地補修処理となります。平米単価で1万6千円前後が多いですが、これは限られた場所のみ行います。このような作業料金に加えた塗料の料金や雑費が加わったものが外壁塗装の料金になります。

外壁塗装の歴史は西洋建築の発展に影響を受けている

日本においては古くから漆を使った塗装技術が独自発展してきました。しかし内装は日用品に漆は用いられることが多く、住宅外壁に用いることはありませんでした。日本の住宅は在来工法での木造建築が主流であり、まず塗装をする習慣が無かったためです。 城壁の白壁のような装飾も意識した物も外壁にはありましたが、塗料を用いて塗装する習慣は、明治期に西洋建築が伝わってから本格化します。江戸、明治時代を通して開国によって西洋文化が急速に流入すると西洋建築の他に西洋塗料であるペンキも伝わりました。 最初は西洋建築の外壁塗装において用いていたペンキは、やがて日本でも生産されるようになり、洋風住宅が急増する高度経済成長期あたりには外壁塗装は一般的なリフォーム工事の一手段としても定着します。