施工内容を知る

外壁塗装の方法などについて

外壁塗装の現場と言うのは住宅街などにたくさんあるので見たことがある方もいるかもしれませんが、しかしこういった現場で実際にどのような工事が行われているのかということを知っている人は殆どいないと思います。 まずこういった工事をする際には、職人の作業性と安全性を確保するために住宅の周囲に足場を架けることになります。そして足場に養生シートを貼って、隣近所に塗料が飛ばないように家を囲います。 その後で実際に足場を渡って家の様々な部分を点検していきます。足場に上ることによって普段は見えない場所も見ることができるようになるので、屋根の上などの高い場所で瓦などが破損している場合には業者が色々な方法で報告してくれます。

実際の塗装工事について

家の点検が終わったら、養生テープで木部などの保護をします。木部には木部用の色を使用した塗料を塗る場合が多いので、外壁を塗る際には木部をテープで覆ってしまう場合があるのです。 そして実際の外壁塗装に入るわけですが、まずはプライマーと呼ばれる下塗り剤を壁に塗っていきます。これは外壁塗装の基本的な下地になりますので、しっかりと塗ることがポイントになります。そして次に上塗りとして塗料を塗っていきます。この後は二度塗りか三度塗りかに分かれるのですが、それは契約時に業者と相談をして決めるのが良いでしょう。 このように外壁塗装と言っても様々な工程があるわけですが、これらを一つ一つ確実に行うことで美しい外観を得られるのです。